下諏訪町社会福祉協議会
文字サイズ文字サイズ:標準文字サイズ:中文字サイズ:大
トップページ > 社協・生活応援センター > 地域の支え合い事業

社協・生活応援センター

地域の支え合い事業

生活支援体制整備事業

スペース

地域のみなさまとともに支えあい活動を推進します。


ふれあい・いきいきサロン

スペース

少子化、核家族化、過疎化が進む中、昔ながらの隣近所の寄り合いの慣習を求めて、
できるだけ身近な場所でのふれあいの場づくりをめざします。


サロン 主催者 開催日 会場
花屋茂七館 個人ボラ 毎月第4水曜日 遊泉ハウス児湯
矢木西 矢木西すみれ会 毎月第4水曜日 大黒館
かいどう ふれあいかいどう
グループの有志
毎月第2火曜日 久保海道公会所
湖畔町 参加者の当番制 毎月第3木曜日 湖畔町公会所
高木 個人ボラ 毎月第3月曜日 高木温泉
6区 福寿草の会 毎月第4金曜日 老人福祉センター
7区・8区 個人ボラ
7区あゆみ会・8区ボランティアグループの有志
毎月第4水曜日 老人福祉センター
富部 個人ボラ
富部ボランティアグループの有志
毎月第2火曜日 富部公民館

ふれあい・にこにこ昼食会(食の自立支援事業)

スペース

…ところで、二人暮らしの夫婦の片方が倒れた時、高齢者が単身になった時、毎日の生活でまず心配になるのは食事をきちんととれるかどうかではないでしょうか。

食事は毎日の楽しみでもあり、心身の健康を支えるものです。不十分な食事が体力を低下させ、老化の進行を早め疾病を招き、介護需要を増加させることは容易に予想されます。

ふれあい・にこにこ昼食会(食の自立支援事業)

画像をクリックすると大きくご覧いただけます。 画像をクリックすると大きくご覧いただけます。

これからの超高齢社会、自立した食生活を営み、いきいきと活力ある毎日を!! 「楽しい会食」で仲間づくりと孤独感の解消。

外出の機会を増やして閉じこもり予防。 どんな山海の珍味でも、独りで食べては味気なく、血や肉にはなりません。

食事は誰かと一緒に楽しく会食してこそ、血にも肉にもなり、活動のエネルギーにもなります。

ボランティアさんがお茶と味噌汁を用意します。

ふれあい・にこにこ買い物ばす事業

スペース
ふれあい・にこにこ買い物ばす
運航日:6区・9区・1区東町上・3区…毎月第1・第3火曜日
運航日:1区・2区・4区…毎月第2・第4火曜日
利用できる方:登録制です

下諏訪町に居住し、買い物に困っている方

  • 65歳以上の方
  • 障がいのある方

湯めぐり事業

スペース
運航日:毎週木曜日
利用できる方:登録制です
上へ